50代にベストな仕事探し方法とは?転職活動成功への道

*

1.企業が50代に求めるものとは?

 50代以降での仕事探しは、20代や30代の若い年代から比べると難しいと言われています。60歳前後で定年だと考えると、働ける年数が限られてくることもあり、求人そのものがどうしても少なくなる傾向があるのです。しかもその少ない枠の中に、自分と同じように経験を積んだ人たちが、沢山応募をしてきます。
 
そうした中、自分が一番だと企業側に判断してもらわなければいけません。企業分析と自己分析をし、自分がどんなことに役立つのか、自分がいることでどんな利益がもたらされるのかをしっかり把握しておきましょう。

2.必要なのは経験だけではない!?

 50代の転職となると、もちろん即戦力として今まで積み重ねてきたスキルが求められます。しかし、仕事ができればいいと言うわけではありません。

 会社としては、前の経験を活かして柔軟に、新しいことにも対応してもらえないと困るわけです。そういった部分で、協調性やコミュニケーションスキルも、好印象を持ってもらうために大切なポイントとなります。
 面接では自分をたくさんアピールすることも良いですが、面接官の目を見て話をしたり、相づちを打ったり、話しやすい雰囲気を自分で作ることも重要です。

3.面接官が見るポイントを知っておく

 ある程度の年齢になると、身だしなみやマナーは当然のこととして、若者のように「頑張ります!」という熱意だけで採用してもらえるわけではありません。では、面接官はどのようなところを見ているのでしょうか?
 ★ここがポイント!
  ・ポイント1 仕事に直結する資格やスキルは持っているか?
  ・ポイント2 具体的に近い未来のビジョンが見えているか?
 経験はもちろん、どのくらいのスキルがあるかを示すためにも、取れる資格は取っておいた方が安心です。資格を取る他にも、どんなことを今までしてきて、それがどのように未来につなげていけるのかを具体的に話せるようにしておきたいですね。

おわりに

 履歴書の作成の仕方、面接時の礼儀や話す内容など、50代の転職では沢山見られる部分があります。人間性と仕事に関するスキル両方で勝負できるよう、仕事探しの準備をしっかりしておくことがとても大切です。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職に成功した約8割の人が利用した転職サイト!50代転職者の支持率もNo.1!


公開日:
最終更新日:2015/04/06